« 黒の契約者の続編あるの? | トップページ | いつまでCOMING SOON? »

DTB黒の契約者ロケ地3(国立天文台)

近くまで行く機会があったので、またまたダーカーのロケ地に行ってきました。うまい!

今回は「国立天文台」です。

たくさん出てきたのは4話だったかなぁー、星見様のいらっしゃる所です。

0806280300

「国立」なせいか取っつき難い雰囲気がありますが(私だけ?)、公開時間(10:00~17:00)に行って、受付で見学したい事を伝えるだけで見せてもらえます。見学料もかかりませんでした。
入場時間と名前を書いて、見学者用のワッペンと見学ガイドの印刷物を貰って見学開始です。

受付のおじさんに「だいたい1時間位ねー。」
といわれましたが、見学したい目的が違うので(笑)そんなにかかんないだろーと思っていました。

それにしても、ここに何が見学できるのかまったく知らないで来ちゃったんですけど… bearing

Kokuritutennmon2
この辺りはダーカーには出てきません

見学できるのは主に国登録有形文化財になっている、「第一赤道儀室」「アインシュタイン塔」「大赤道儀室」など、どれも80年以上前に建設されたもので、どの建物もノスタルジックな趣がありました。

あ、けっこう楽しんじゃってる…

場所によっては雑草が生え放題な所もあって、建物の趣に更に拍車をかけていました。「蚊・ハチ・ヘビ等にご注意ください」の注意書きに妙に納得…と思っている矢先に蚊に刺されてるし…ハチやヘビでなかっただけマシかナ…

写真左の「第一赤道儀室」は太陽の黒点等を観測していたそうで…大黒班の周期を調べていたのね…と妄想しちゃいました。(笑)


もちろん当初の目的も忘れていませんよ。
coldsweats01

0806280299
美咲が車で向かってくる時の風景

0806280277
車を止めていた場所
「大赤道儀室」の目の前です。

星見様がいることになっていたのは、「天文台資料館(大赤道儀室)」です。

0806280278

ダーカーではプラネタリウムの映写機の様な物が真ん中にあって星が映し出されていましたが、実際は長さ12m(だったっけな…電車一車両の半分位の長さだそうです…)の望遠鏡が置かれた木製のドームでした。

0806280274

ドームが木製な事にビックリ…当時これを作れる建設業者がいなくて、船底などを作る造船技師の力を借りて作られたそうです。

0806280269
望遠鏡まで高さがあるので、どうやって覗くのだろうと思っていたら、床が上下に可動する様になっているのだそうです。(今は固定されて動かない)
なので観測床の定員は約20名。

この望遠鏡は10年前位までは実際に使われていたそうで、今でも観測できるのだけど、操作が難しくて動かせないそうです…もったいなーい。あ、でもドームが老朽化していて動かせないとも言ってました…

結局、帰るとき時間を見るとピッタリ1時間たっていました。(笑)

|

« 黒の契約者の続編あるの? | トップページ | いつまでCOMING SOON? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/427324/22279019

この記事へのトラックバック一覧です: DTB黒の契約者ロケ地3(国立天文台):

« 黒の契約者の続編あるの? | トップページ | いつまでCOMING SOON? »