« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

リボーンフェアブックカバー

予約していたリボコンのDVDを受け取りに、久しぶりにアニメイトに行きました。

丁度リボーンのフェアをやっていて、購入した金額によってブックカバーがもらえるの。

5種類好きなものを選べたので、私的には自然と山本とツナが淘汰されてしまいました。(主人公なのに…wobbly

Dscf3910

でも大丈夫、獄寺君のカバーに当たり券が入っていたので、リボーン、ツナ、山本もいるブックカバーを貰えるみたい。

それにしても…このブックカバー、雲雀様のだけその場でもらえないの…

雲雀様のブックカバーだけ、1階の受付で受け取れと…

な、何故?

なんでそんなに厳重な扱いをするのか、意味分からん。

謎だわ~

で、昨日当り券を引き換えてきました。happy01

Dscf3940

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつまでCOMING SOON?

アメリカの米国の大手日本アニメ流通会社(で良いのかな?詳しくないのでちょっと不安…coldsweats01)FUNimationのサイトにダーカーのページが出来ていました。

でも数ヶ月前に見た時から仮面被ったのヘイアップのイラストにCOMING SOONの文字のみ…

最近、久しぶりに見てみたら、やはりCOMING SOONのまま…

でもイラストが変わって、岩原祐二さんのDVD初回限定のイラストになっていました。

しかもランダムに3枚。

なんだか画面いっぱいに岩原さんのダーカーイラストが見れるのがなんだか新鮮で、何度も更新ボタンを押してしまいました。(笑)

FUNimation

英語に吹き替えられた、ヘイの声…聞いてみたい様な、みたくない様な…

それにしても…いつになったらCOMING SOONじゃなくなるの???bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DTB黒の契約者ロケ地3(国立天文台)

近くまで行く機会があったので、またまたダーカーのロケ地に行ってきました。うまい!

今回は「国立天文台」です。

たくさん出てきたのは4話だったかなぁー、星見様のいらっしゃる所です。

0806280300

「国立」なせいか取っつき難い雰囲気がありますが(私だけ?)、公開時間(10:00~17:00)に行って、受付で見学したい事を伝えるだけで見せてもらえます。見学料もかかりませんでした。
入場時間と名前を書いて、見学者用のワッペンと見学ガイドの印刷物を貰って見学開始です。

受付のおじさんに「だいたい1時間位ねー。」
といわれましたが、見学したい目的が違うので(笑)そんなにかかんないだろーと思っていました。

それにしても、ここに何が見学できるのかまったく知らないで来ちゃったんですけど… bearing

Kokuritutennmon2
この辺りはダーカーには出てきません

見学できるのは主に国登録有形文化財になっている、「第一赤道儀室」「アインシュタイン塔」「大赤道儀室」など、どれも80年以上前に建設されたもので、どの建物もノスタルジックな趣がありました。

あ、けっこう楽しんじゃってる…

場所によっては雑草が生え放題な所もあって、建物の趣に更に拍車をかけていました。「蚊・ハチ・ヘビ等にご注意ください」の注意書きに妙に納得…と思っている矢先に蚊に刺されてるし…ハチやヘビでなかっただけマシかナ…

写真左の「第一赤道儀室」は太陽の黒点等を観測していたそうで…大黒班の周期を調べていたのね…と妄想しちゃいました。(笑)


もちろん当初の目的も忘れていませんよ。
coldsweats01

0806280299
美咲が車で向かってくる時の風景

0806280277
車を止めていた場所
「大赤道儀室」の目の前です。

星見様がいることになっていたのは、「天文台資料館(大赤道儀室)」です。

0806280278

ダーカーではプラネタリウムの映写機の様な物が真ん中にあって星が映し出されていましたが、実際は長さ12m(だったっけな…電車一車両の半分位の長さだそうです…)の望遠鏡が置かれた木製のドームでした。

0806280274

ドームが木製な事にビックリ…当時これを作れる建設業者がいなくて、船底などを作る造船技師の力を借りて作られたそうです。

0806280269
望遠鏡まで高さがあるので、どうやって覗くのだろうと思っていたら、床が上下に可動する様になっているのだそうです。(今は固定されて動かない)
なので観測床の定員は約20名。

この望遠鏡は10年前位までは実際に使われていたそうで、今でも観測できるのだけど、操作が難しくて動かせないそうです…もったいなーい。あ、でもドームが老朽化していて動かせないとも言ってました…

結局、帰るとき時間を見るとピッタリ1時間たっていました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒の契約者の続編あるの?

WikipediaのDARKER THAN BLACK -黒の契約者-に

「DARKER THAN BLACK 2が2009年10月放送予定として準備中。」

とあるけれど、本当なのでしょうか?

「DARKER TAHN BLACK NIGHT」のイベントの時岡村天斎監督から、
「続編希望の署名などもいただいたし、まだ具体的に何も話せるような事は決まっていないが、その内皆さんにお知らせする事が出来るかもしれない」
というような話が出てきたので、期待しているんですが…

本当だったらうれしいなー

ぬか喜びしすぎると後で凹みも大きいので、話半分位の感じで詳細を待っていようと思っていますが…本当だったら小躍りしちゃうぞ~happy02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ボンゴレグレープドリンク

Dscf37771

今日会社帰りに寄り道をして、東京駅の地下街を歩いていたらこれが目に飛び込んできました。

ボンゴレグレープドリンク!!(笑)

Dscf37741

そういえばこの辺りにジャンプショップがあるらしいんだよなーと歩いていたら、前面に銀魂のドリンクと一緒に飾られていました。

うわー守護者10年後のステキイラストだし、これは買わねば!!

Dscf37841

ごっきゅんは憂いのある顔してるし、10年後の雲雀様はもちろんステキだし、なによりも…
うわー珍しい!了平がセンターにいるよ!!これは買っとくしかないでしょう(泣)
↑え、そこかよ…

だって…キャラソンさえも作ってくれないんだもの…pout

Dscf37791

うれしかったのでアップも撮ってみましたーhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DARKER THAN  BLACK NIGHT

いや~かなり時間が経ってしまいましたが、4月6日に新宿ロフトプラスワンで行われた、DARKER THAN BLACK NIGHTの感想です。

壇上でトークをしているのを見ながら飲み食いする…そんな感じのトーク専門のライブハウスで行われました。

元々私の頭の記憶容量が少ない上に、前日の出来事で(これのせい)痛み止め飲みながらだったので、集中も出来ず内容も話の順番もあやふやです(ええ、ただの言い訳ですともっっ!!)。
以前のイベントでた同じ話は省いてある物もあります。
覚え違いやニュアンスなど変わっているかもしれませんが、こんな感じのイベントだったという雰囲気だけで…サラッと流してください。(汗)

このイベントは福岡アニメイトで行われたダーカーのイベントが前ノリから楽しかったという話をきいた監督が「いいなぁ、自分も行きたかったな」と思ったことから、実現したイベントだそうです。
…天斎監督…もしやうらやましかったのは主に前のり?い、いやそんな事ないですよね。(笑)

何にしても、う、うれし…ありがとう監督!!という感じです。福岡でダーカーのイベントがあると知ったときは、かなりうらやましかったもん…でも遠すぎて行こうという根性はなかったけど。

「今日の対価は飲んで食べる事」だそうで、木内さん、監督、プロデューサー陣はダーカーのイベントという事で黒いギネスを持って、皆で乾杯から始まりました。
そして出てくる早々「お腹すいたー」と木内さん…どうやら始まるまで我慢させられていたみたいです。

Kiuchiloft2

あ、あれ?つだけんさんに引き続き、描いてる内に似せているのか、離れていってるのか分からなくなってしまった…
ファンの方スイマセン…先に謝っておきます。(汗)
似てなくて、ご本人に一番スミマセンですが、まぁ、ご本人様がこのブログを見ることもないだろうて…(笑)
…無難に黒でも描いとくべきだったかしらん。

「ここは蒸し鶏ライスが美味しいらしいですよ。」といわれて何それ?って感じの木内さん。(一番前に座っていたオーダー済みのお客さんが現物を見せてくれて)「ちょうだい、それ。」って…最後には「蒸し鶏ライスもお願いします。」と注文していました。
メニュー片手にガンガンオーダーを頼み始めてます…(笑)
大藪さんが話している途中に「聞いてますか?」
「聞いてる、聞いてる。」って適当にあしらいながら、オーダーに夢中の出演陣。
…その後も届いたメニューを小皿に分けたり…「すいませ~ん、こちらの方にギネス一つ!!」なんてお客さんの注文まで頼み始めたりして…なかなか和気藹々とした雰囲気(?)でした。

ダーカーは鋼の若手スタッフで何か作りたいと集まって作り始めたそうです。
ラーゼフォンの時に~とかウルフズレインが~とかエウレカゼブンなどなど、説明にボンズの作品が羅列されてました。
そのたびに、オーと感嘆の声が上がっていたので、皆さんダーカーだけでなくボンズのアニメにもとても詳しい方々なんだ…と思いました。

木内さんはビリビリの能力が不満だったそうです。
最初アフレコの時、黒の能力について何も説明されなかったので、千秋が警察の前で倒れた時もなんでか分からなかったし、戦っている時も効果音などが入っていなかったので、何が起こっているのか全然わからなかったそうです。
もっと派手な能力が希望だそうで、じゃあどんな能力が良いのかという話になりました。
「重力使い。あれが来た時は危ないと思った。ウェイがいなかったら危なかったな。」だそうです。

木内さんいわく、音響監督の若林和弘さんは凄いひげ面の山男のような人で、しばらくしてから木内さんだけに黒<ヘイ>が人間だということを教えてくれたそうです。
「ハヴォックの時とかなー、人間だって知ってたらもう少し違うように演じられたのに。」
なんて仰っていました。

でも私はこの頃の黒<ヘイ>は自分でも人間だと気付いていなかったのではないのかな~だから木内さんも知らないまま演じたのが、よりリアルな黒<ヘイ>なんじゃないかなーなんて思いながら聞いていました。
若林さんが他のDVD特典でインタビューに答えている映像を見ましたが、確かに説明通りのお髭の方でしたが…想像と違ってました。私、本当に山男の様な方を想像してました。(笑)
この人がエリック西島の声を三木眞一郎さんにしたのでスタッフは「ラスボスだ!!」と思ったそうです。
「だって三木さんなのに、こんな真ん中分けの地味目キャラ、絶対に怪しい」と。

監督が、もしもダーカーの続編が出来るとしたら黒<ヘイ>は今までの食事がたたって120kg位になっているんではないかという話も飛び出しました。(泣)
30歳過ぎたら太るぞと誰もが思っていた黒だけど…いやだーそんな黒は見たくないぃぃ~!!
そこで木内さんが太った黒で
「だから言っただろう、契約者は嘘つきだっ…ブッ!」
って吹きだしてしまって最後まで言えませんでした。
どちらかというとゾウの王様系の声を低くしたような感じ…かな?

続編が出来たとしたら、猫はどうにかなるかもしれないけれど、黄は絶対に無理だし…
で、南米時代迄、遡ってはどうかと木内さんがおっしゃってました。


うんうん、南米時代の話見たい!!
できれば、組織の命令に従っていた時の黒<ヘイ>チームの任務のエピソードなども…
これからの黒<ヘイ>と銀<イン>がどうなるかというのも織り交ぜて…って全部見たいんじゃん私(汗)

長くなりそうなのでここで一度切りまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »