« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年9月

コードギアス 反逆のルルーシュR2 FINAL TURN Re;

とうとう終わっちゃいました、コードギアス反逆のルルーシュR2。
先週のシュナイゼルにギアスをかけて従わせたり、ナナリーの開眼で後一話で収拾がつくの?と心配しましたが、すっきりとよい終わり方でした~感動!

「このダモクレスの鍵をお渡しする事はできません。お兄様がギアスを使われたとしても。」
この大事な場面でギアスに対して無防備すぎるよナナリーと思いましたが、ナナリーはルルーシュを信じたかったのでしょうね。
そして「ナナリーの意志までねじ曲げたら、俺は…」と葛藤するルルーシュ。
「ダモクレスは憎しみの象徴になります。憎しみはここに集めるんです。みんなで明日を迎えるためにも。」
うわ~ん、この兄妹は同じ事を考えているよ…(泣)
それを悟ったルルーシュはナナリーにギアスをかけました。
「ナナリーお前はもう立派に自分の考えで生きている。だからこそ、俺は俺の道を進むことができる。ありがとう、愛しているナナリー」

それにしても…先週に引き続きカレン強えぇ~
スペックが上とはいえ、生きろのギアスをかけられたスザクと互角に戦っています。
カレンの最後の一撃によりスザク爆死。

ダモクレスの鍵を手に入れたルルーシュは独裁者の道を歩みます。
2ヶ月後の皇帝直轄領・日本ではナナリー、シュナイゼルをはじめとした、ルルーシュ様に逆らった人々が処刑場に送られて行きます。

そこに現れたゼロ。
カレンはすぐに二人のやろうとしていた事を悟りましたね。
ジェレミアはゼロレクイエムの全容が分かっていたようです。
「スザク約束通り、お前が俺を殺せ。」
「やるのかどうしても。」
「予定通り世界の憎しみは今、この俺に集まっている。後は俺が消えることで、この憎しみの連鎖を断ち切るだけだ。黒の騎士団にはゼロという伝説が残っている。シュナイゼルもゼロに仕える。これで世界は軍事力ではなく、話し合いという一つのテーブルに着くことができる。明日を迎える事ができる。」
このためにシュナイゼルに「ゼロに仕えよ。」とギアスをかけたんですね。

「なぁスザク、願いとはギアスに似ていないか?自分の力ではかなわないことを誰かに求める。俺は人々の願いという名のギアスにかかる。世界の明日のために。」
と自ら殺されることを選んだルルーシュ。
「これはお前にとっての罰だ。お前は正義の味方として仮面をかぶり続ける。枢木スザクとして生きることは無い。人並みの幸せを全て世界に捧げて貰う、永遠に。」
最後までやさしいなぁ…ルルーシュは…
「そのギアス、確かに受け取った。」
とルルーシュの願いを受け取るスザク。

刺し殺されて、ナナリーの近くまで滑り落ちるルルーシュ…その表情と手を握る事で全てを悟るナナリー。
ナナリーは人の嘘を見抜けたけれど…こんなに詳しく悟れるものなんでしょうか?
「お兄様、愛しています。」
でも、ナナリーに本当のことが理解してもらえてよかったよー(泣)
「あぁ…俺は世界を殺し、世界を創る。」
ロロやシャーリー、ユーフェミア…死んでいった人々が走馬燈の様に流れて切ないです…

ゼロレクイエムに関してはだいたい予想通りでした。
でも、スザクがゼロとして残るとは思いませんでした。
昨日を求めたシャルル、今日を求めたシュナイゼル、明日に託したルルーシュ…
人々を信じて、未来を託した…ハッピーエンドではなかったけれど、良い終わり方でした。
最後までおもしろかったよ~

「ギアスという王の力は人を孤独にする。少しだけ違っていたな、なぁルルーシュ。」
C.C.が少しだけ笑顔を見せていると思うのは、こじつけでしょうか…

ぎゃぁ、オレンジがオレンジ作ってる!
アーニャがギアスをキャンセルされて、一緒にいたのはよかったけれど…余韻が吹っ飛びました(笑)

扇の結婚式の写真に天子様写っているのに、星刻の姿が見えなーい。
どこいっちゃったの?シンクー
ま、まさか…とうとう…

| | コメント (0) | トラックバック (10)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN23「シュナイゼルの仮面」

うわぁ~シュナイゼル黒い…黒すぎる(笑)
戦争をする全ての国にフレイヤを打ち込むって…
「平和というのは幻想だよ、戦うことが人の歴史。幻想を現実に変えるには躾けが必要では?」
目指すのは神ですか?
ここまで黒いとシュナイゼルにも何か裏があるんじゃないかとか勘繰りたくなってしまいました。

コーネリア撃たれてしまいましたが、えっ死んじゃったの?
まだ、分からないですよね、撃たれただけかもしれないし…。
こんなにあっけなく散るとは思えないのですが…

ナナリーの前ではかろうじて仮面を被ったものの、動揺したルルーシュの胸座をつかむスザク。
「ルルーシュ、戦略目的は変わらない。ナナリーが生きていたとしても立ち止まることは出来ない。なんのためのゼロレクイエムだ!」
さすがぼくねんじん(笑)こういう時揺るぎませんね。
「僕は剣だ。彼の敵も弱さも、僕が排除する。だからC.C.君は盾になってくれ。守るのは君だ。」
…ところで、なんでこんなに派手な衣装なんだスザク!!良いシーンなのに変なところが気になっちゃいました(笑)

「勝手な意見だな。」
といいつつもルルーシュの傍に行って、背中に寄りかかるC.C.は可愛かった~
「お前は今までナナリーの為に」
「特別扱いできない。消えていった数多の命の為にも、俺たちは止まるわけには行かないんだ。そうだろ、C.C.」
うわ~大人になったね~ルルーシュ!
いままでのルルでは考えられなかった行動でした。

シュナイゼルに市民は避難させたという嘘を教えられたとはいえ、彼女がフレイヤを肯定したのは意外でした。
しかも、人の命を奪う事を認識した上で、フレイヤ撃っちゃいましたね…(汗)
「私は戦うことも、守ることも出来ません。だからせめて罪だけは背負いたいんです。」
彼女の強さはそちらに行ってしまいましたか…
今後のフレイヤはどうなるのでしょう。
シュナイゼルの動向に気がついて、ナナリーが抵抗する?
でも、シュナイゼルがその気ならば、ナナリーに託したスイッチだけとは思えないし…

ニーナの作っているものは間に合うでしょうか?
あと気になるのは、ディートハルトの動向かなぁ。

それにしても、シャルルから始まってこの親子…世界の人々にとっては、とんでもなくはた迷惑だぞ~
勝手に自分の価値観を押し付けないでくれよぉぉぉ~
世界中の人々はいつも蚊帳の外…crying

| | コメント (0) | トラックバック (12)

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN 22


今週もまた怒号の展開でしたね~

ゼロレクイエムってどういう計画なんでしょう?
ロイドさん達が計画を聞いて仲間になった経緯やニーナを保護した事からフレイヤに関係する計画?
どういうものなのかわからないけれど、なんとなく最後は自己犠牲っぽい計画なのかなと。
超合衆国連合に対しての強引な行動なども、懸念材料を全て消し去って世界を征服した後、自分は悪者になって消えるつもりなのではないかと思ってしまいました。
世界を統べる資格とは「壊す覚悟だ。世界も、自分自身すらも!」というルルーシュ。
「さよなら、カレン」という言葉にも、リヴァルを遠ざけたのにもその覚悟が表れているような気がします。
そういう計画なら、あのスザクもルルーシュにつくかなぁって…
神楽耶に世界を統べる資格とは何かという問いをしてみたのも、そんなことがあって事のような…

ナナリーは生きていましたね。
…ってそれは先週にわかっていた事だけど、オデュッセウス(だっけ?)が「ナナリーが見つかった時にもしかしたらと思ったけど」なんて言っていたのに、なぜルルーシュはその言葉にスルーだったのでしょうか?

ナナリーは操られているのかなんなのかわかりませんが、あれが彼女であったとしても、自分自身の意思があって行動しているのではない気がします。
シュナイゼルに言いくるめられたとかとは思えないんですよ。
帝都ペンドラゴンにフレイヤを落とすなんて事をどんな理由があっても、ナナリーが承諾することはないかと。
ナナリーはそういう所の芯は強かったから…

来週に咲世子さんでてくるようだから、フレイヤ爆発した時の様子が語られるかしら…

それにしても!!ルルとスザクの「最後のまた見てギアス!!」のポーズが可愛すぎ!!
スザクの無理やりやらされている感じの困った顔が!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (14)

ソウルイーター&コードギアス21話

ま、ぶっちゃけ、もうちょっとしたらレイトショーも22話が始まっちゃうんだけど、21話のエンディング可愛かったなーと思ってheart01

Kuronamaka1

このエンディングって21話だけの為に作ったんですね…こってるな~

クロナ見ながら元気に歩くちびマカ&引っ張られてるちびクロナがいいですね~

本編も「友達になってください」の照れたように見上げたマカの顔がえらい可愛いかったです。

なんか今回の話はほんわかしてて、嵐の前にちょっと一息って感じでした。

Kid

そして、キッド君。
アニメだと美人度が上がってる感じがしてうれしいんだけど、崩れ具合も倍増されている気がする…sweat01
気のせいでしょうか…coldsweats01

話は変わってコードギアスR2の話…
怒号の様な超展開に、ポツネ~ンと置いてきぼり感をつのらせているのは私だけでしょうか…(笑)
マリアンヌ様ってこんなキャラだったのね…coldsweats01
…シャルルに嘘のない優しい世界とか言われても…ねぇ…
シャルルとマリアンヌはあれだけ引っ張ったのに、なんかあっけない幕切れだなぁ…
次に一ヵ月後って!(笑)
スザクがナイトオブゼロって!!この一月に何が!!
とりあえず、ラスボスはシュナイゼル兄さんって事でいいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »