流星の双子感想

DTB流星の双子 お台場エクスプロージョン

Zepp Tokyoで行われた、流星の双子Blu-ray&DVD購入者限定イベントに行ってきました。

今まで色々とダーカーのイベントは参加してきましたが、どれもアットホームでゆるい感じのものが多かったので、正直こんなに大規模なイベントだとは思ってませんでした。(ゴメンナサイ…sweat01

だって、だって、いきなり1400人規模のイベントだよ。

司会はニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さん。
DTBのファンだというだけあって、このひとちゃんとダーカーを見てるよ~と納得できる司会でとても面白かったです。

Blu-ray&DVD7巻の映像特典のイベント映像収録はたぶんこれの事だと思うので詳しい内容は書きませんが、花澤香奈ちゃんオンステージ!!という感じで、ぱぶりちぇんこワールド炸裂でした。

衝撃だったのが、銀ちゃん役の福圓美里さんから突然飛び出したこんな対価はいやだ発言!
お風呂で○○することって…銀ちゃん!!!coldsweats01

ショートドラマも面白かったです。
黒銀ちゃん降臨しちゃって、蘇芳や未咲のことを突っ込まれた黒がタジタジしているのが特に。

石井妥師さんのミニライブもあってうれしかった~Hellsingのサントラから聴きまくっていたもので。
「Dive into the 9」はアコースティックバージョンという感じでカッコよかったです。
もう一曲は外伝のエンディングでした。
その後花澤香奈ちゃんを呼び込んで
「Twinkle Real Star」と「哀しき夢の巻」を歌ってくれました。(だったよね、間違っていたらゴメン!)

最後の挨拶では福圓さんにどんどんハードルを上げられて、テンパる木内さんが(面白かったけど)お気の毒でした。

2時間半、たっぷりダーカーの魅力満載の楽しいイベントでした。
チケット当たって良かった~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第11話「水底は乾き、月は満ちる・・・」の感想

私には、ええぇぇぇ~の連続だった11話の感想です。(笑)

蘇芳は紫苑のコピーでした。
紫苑のコピーしたものはどこか一箇所だけ本物と異なるところがある…ってそれが性別?!

紫苑のコピーでは性別がおかしいから、蘇芳のコピーなんだと思っていたのに。
しかも小さい頃から契約者だと思われる紫苑を見せられて、ああ小さい頃に蘇芳はコピーされたんだなと思っていたのに。
2年前の星が落ちてきた時から、人間をコピー出来るようになったですとぉぉぉ~
すっかり騙されてましたよ…

黒<ヘイ>に殺されてしまったパパがコピーだったんですね…
パパは何処が本物と異なっていたのでしょうか?まぁ良いか、そんな事はね。

ヘンタイ鎮目さんはCIAと繋がっていた模様。
ず~っと蘇芳を紫苑だと思っていたり、太ももの毛がボウボウ発言といい、蘇芳に撃たれて気絶した顔といい…なんか憎めない人でした。

出てきましたね、孫子の兵法好きなジョン・スミスさん。
いい声だ~(笑)

それにしてもマダム!そのカッコ!!
なんだその「えいっ!」って可愛い声は!(笑)
眼鏡に腐女子にショタにゲイなどなど…その上にこれ…本当に何でもありなんだな、ダーカー…
しかも「はぁ~い、リカルド。」って…
今回私のマダムへのイメージがガラガラと音を立てて崩れて行きました。

「紫苑が良いというまでそれを手放してはいけないよ」と言い残してパブリチェンコ博士はお亡くなりに…
流星の欠片にはどんな意味が?

未咲の見た三鷹文書には続きがあったようですね。
「その兆し 沈むことなく昇る弓張り月にあり
其はやがて満ち満ちて イザナミのうみづきとなる」
うみづきは産み月?

弓張り月の下、契約者を殺しながら「もうすぐ会えるね」という銀<イン>…。

本当に後一回で決着が着くんでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第10話「偽りの街角に君の微笑みを…」の感想

またまた疑問の羅列の様な感想になってしまいました…第10話の感想ですcoldsweats01

ジュライが僕たちの事は内緒だよと観測霊に話しかけてドールシステムの観測率が落ちたり、黒<ヘイ>がなかなか捕まらなかったり、ドール同士の意思で繋がりができているのでしょうか?
これは銀の影響?
鎮目はかなり色々な事を知っている様子です。
アリエルとベレニスの双子は観測霊の流している情報をなんでも知る事ができるのかな…それでマダムオレイユは情報を得ている?

マオ本体リカルド登場です!happy02
足首で麻子を思い出す辺り…ステキです。しかも2回とも足首で!!
どれだけ足首星人なのよ!(笑)
しかもなかなかのフェミニストっぷり。
蘇芳のママ、麻子は組織の人間だったんですね。
しかもゲートが出現するのを知っていた…ゲート出現には組織が絡んでいるのでしょうか?

8年前に蘇芳は事故に巻き込まれて亡くなってました。
この時紫苑はもう契約者だったようで、では紫苑が契約者になったという2年前の蘇芳の記憶は何処までが本当なの?一部?それとも全部嘘?流星殻は?
パブリシェンコ博士が蘇芳の遺体をMEにかけて抽出した記憶を、紫苑がコピーした蘇芳に入れたんでしょうか…
もし生物をコピーするのが紫苑の能力だとしたら、パブリチェンコ博士が殺された後、対価を払い終えたといって歩いていた紫苑がまた歩けなくなったという事は、今のパブリチェンコ博士はコピーである可能性が強いですね。
蘇芳が紫苑に近づくのを嫌がっていたところがあったし…

でもこれ途中で麻子に阻まれていましたよね。だから蘇芳は不完全?
「わが子になんて事を」という麻子に「我が子だからこそだ。この子は永遠に私のものであり、お前のものだ」という博士。
愛していた我が子を失いたくなかった為?それとも蘇芳の記憶には何か特別な物があった?

黒<ヘイ>は耀子からはかなり重要な情報を引き出しました。
「駄目イザナギをイザナミと会わせては!」
「何故だ?」
「大きな災厄…進化……未来の記憶を持つ老婆。
彼女が記憶していた何通りもの未来。
世界は走り出している…三鷹文書に記された恐ろしい未来。
そして葉月さんをお守りしなければ
18号研究棟…止めないと…止めないと葉月さんが、葉月さんが!」

葉月をお守りしなければと繰り返す耀子。彼女は葉月の護衛も兼ねていた?それとも葉月を好きな故の心配なんでしょうか?

いきなり出てきた18号研究棟ってなに?
俺が止めるといった言葉に安心した耀子は何者かに惨殺され、葉月は黒<ヘイ>が殺したものと思ってしまいました。

黒<ヘイ>にイザナミの事を聞かれて「イザナミは契約者を殺す…」と耀子が言った時に流れた銀<イン>とたくさんの契約者と思われる遺体…銃が使われていたのが気になります。
未来の記憶を持つ老婆…アンバーが未来や過去を行き来している内に老婆になっている時があったのでしょうか?
他に未来を見るような力があったのは星見様?彼女の話は全く出てきてませんがどうなってしまったんでしょうか?

未咲肉まん食べるの早っ!!(笑)
2年も思い続けていた黒<ヘイ>にお前呼ばわり…そう上蘇芳が止めなければ…報われないな~未咲さん(苦笑)
「捕まえようとした。でも肉まんくれた!」
肉まんかよ!では肉まんをあげなかったら未咲は…coldsweats01

蘇芳の黒<ヘイ>への気持ちの告白が、たどたどしくて可愛かった~蘇芳と呼んでと頼み、最後に「ありがとうヘイ」とヘイの名を呼ぶところがよかったです。

Aribre1

「オレは蘇芳に…オレ自身を見ていたのかもしれない。
無知で揺らされ、不完全で揺らされ。
だがオレも蘇芳もこれ以上揺れている時間はない。」

とうとう月が出てしまいました。
疑問も満載です。

あの子は痛みを知らなくちゃいけないんだ。あの子の痛みは何色だろう…そう弓張り月のオレンジだ。という紫苑。

月が出てしまった時のマダム・オレイユのため息。
マダムオレイユは何故蘇芳を東京に連れてきたかったのか?
彼女が消えるように居なくなれるのは何故?

最後に出てきた銀<イン>を悪くしたような人は誰?

あの~そろそろジョン・スミスさんも再登場して良い頃だと思うのですが~
まさかあんなに思わせぶりに何度も登場していたのにあれだけって事はないですよね~
ジョン・スミスさんを心待ちにしているのは…私がヘルシングにハマってるから気になってるだけなんですけどね…ええ(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第9話「出会いはある日突然に…」の感想

9話の感想書く前に10話を見てしまったのでもうなんだか10話で頭がいっぱいです…(苦笑)

またまた出てきた「薔薇のモーリス」
映画版のヤンデレに似ているからと電車の同じ車両に乗っていた蘇芳に目をつけるキコのお友達。
…お持ち帰りって…ホント、犯罪ですよ。
更にコスプレさせられてるし!(笑)
蘇芳…そのファッションに違和感を感じてない君って…こんな凄い服って…coldsweats01

Maosuojuly

池袋に連れて行って欲しいだけの蘇芳なのに、人の話を聞かない探偵コンビは無理やりお母さん探しへ突入。
相変わらず濃い二人組です。
でもこの二人、親子の情愛は見世物じゃないと立ち去っていく等、相変わらず決めるところは決めてくれました…松吉だけどね。happy01

一方未咲はボイスレコーダに入っていたアンバーからのメッセージから三鷹文書に行き着きました。

その文章はあなたに読んで欲しい。
そして教えてあげてそこに至る道のりを ヘイが誰もが誤らぬようにする為に…

イザナギは偽りの水底を眺め、イザナミを待てり。
イザナミは水底を渡り来りて、やがて二人出会えり。
されば天土は二つに裂かれ、地獄の門はそこへと開かん。
門より出でし者、誰ぞやしれず。
ただ争いが果つることなく続くのみ。

そこに至る道のりを教えてあげてという事は、そこに記されている災いは必ず起きてしまうという事?
その過程で未来が変ったりするんでしょか?
う~ん解らない…

鎮目の「能力を失ったBK201は今や唯のネクラなジゴロ」には笑ってしまいました。
うん、言い得て妙。
「イザナミはこの先もう誰の目にも触れる事はないだろう」という小林の言葉。
彼の属している機関はイザナミとイザナギを出会わせない様にしたいと思っていると考えていいのでしょうか?

ついにヒゲなし黒<ヘイ>君復活~待ってました!
空港で洋子を拉致した黒<ヘイ>の後姿を見て「李君!」と叫んでいました。
事件の事を考えている時はBK201と呼んでいるのに、実際に目にすると黒<ヘイ>の存在はBK201というより李君なんですね。
彼女も恋しているのかな?
コートのスペアも出てきたところを見ると、その内能力復活するでしょうか?
だってあのコート、黒<ヘイ>が着ることによってのみ防弾効果があるんですよね、能力を無くしても効果があったらおかしいし…
ただ単に戦闘服として着ていると言うなら別だけど…gawk

マダムオレイユの言った通り空港に現れた母と再会し、一緒に車に乗る蘇芳。
何度紫苑と呼ぶ母に自分は蘇芳だと告げると…
「うそ言わないで。蘇芳じゃない、蘇芳のはずない。だってあの子は8年前に死んでるのに。」
蘇芳は2年前に死んだのかなと思っていたので、8年前というのは衝撃でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

DARKER THAN BLACK -流星の双子-第7話「風花に人形は唄う・・・」第8話「夏の日、太陽はゆれて・・・」の感想

なんだかとっても忙しい…
金曜日なんて仕事から帰ってきたのが午前12時。
それから晩御飯を食べました…って日付変ってるじゃん!夕飯??
先月迄の恐ろしい程のひまひまは何だったの!という感じです。
しかもパソコンも…壊れたモニターの替わりに新しいモニターを購入いたしましたが、アナログからデジタルに変えたせいなのかなんだか相性が悪くて、思うように使えない今日この頃…wobbly

そんなこんなで滞っているダーカーの感想は7話、8話をまとめてざっくりとで書いちゃいます。

東京に向かおうとする黒<ヘイ>一行。
本州に向かう交通機関には公安の手が伸びていた為に便利屋の手を借りて脱出を試みる。
ところが便利屋にはドール売買という別の顔があり、ジュライは途中で拉致されてしまう。
ジュライを便利屋から助けに行った蘇芳はSVRエージェントの契約者に捕ってしまい、追ってきた黒<ヘイ>に助けられた。
カシオペアで東京に向かう黒達にレプーニン達が立ちはだかる。

Heimaosuju
カシオペア車内のゴキ攻撃に「俺がなんとか…」と男前なマオ。…まぁ相変わらず役に立ってませんでしたが、マオには癒されますな。

変装した黒<ヘイ>は更にオッサン化…もう誰?という感じ…いや、変装だからね…仕様がないか…
ところで便利屋!何故ジュライを裸にする!(笑)
ドールだって風邪引くよ~ここから裸にしてしまう必要があるのぉ~北海道は寒いよ?
サービスカット?(笑)鎮目あたりが喜びそうかな?喫茶店でも窓の外を男の子をガン見してたし…
「痛いならそういえば?」といっていた蘇芳にタンコブを触られて「痛い」といったジュライ。
少しずつ絆が生まれていている様で、1期の時の銀<イン>を思い出してしまいました。

「残るんだよきっと気持ちの欠片ははドールだって契約者だって」
と言っていた蘇芳がターニャの
「覚えてる私はニカが好きだった…覚えてる私はニカを殺した…」
を聞いてギュっと抱きしめるのがよかったです。
蘇芳にプールの水をかけられて、ロシアでの思い出が蘇って笑顔をみせたターニャ…紫苑に撃たれてしまったのがせつないな…sad

蘇芳の心の中で黒<ヘイ>の占める割合が事がどんどん大きくなっている感じですね。
何でも銀<イン>に結び付けて、黒<ヘイ>に反発する蘇芳が可愛いです。
ターニャを撃つのを止めてくれた黒<ヘイ>、「撃つな蘇芳!」と初めて名前を呼んでくれて狙撃を止めたのが銀<イン>を助ける為だったと思い混乱しているようです。
とうとう別行動になってしまいました。

「寒くて…夏だったらよかった?それとも夏の太陽を嫌いにならずにすんだから今のほうが?だけととっちにしたって僕達はもう子供のようには楽しめない。」

三鷹文書は未来の記憶。そういう契約者といえば、もう彼女しかいないですね。
未咲は東京エクスプロージョンの時にポケットに入っていたボイスレコーダーを調べて録音された声を見つけました。

8話では大食い黒<ヘイ>が大復活しておりました。うん、やっぱり黒<ヘイ>はこうでないと!(笑)

ここ数年一人のドールの力によって自殺した契約者少なからずいる。イザナミは契約者を天国に送る。…銀<イン>に何が起こったのでしょう…。

第9話は凱とキコ再登場です。
ま、まさか「流星の双子」にまで、あの二人が登場するとは思いませんでした。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DARKER THAN BLACK -流星の双子-第6話「香りは甘く、心は苦く・・・」の感想

うわ~なんて濃い30分なんだ~wobbly

なんかもう今週は色々とドキドキな回でしたぞ。happy02

イザナミは銀<イン>でした。
ミチルさん殺したり、なんだかパワーアップしている模様…
水を操る契約者に対してだったから、こんな事できたのかな?

黒<ヘイ>はマダム・オレイユと決別したようですね。
「あなた、あのドールは自分が殺すと息巻いていたのにガッカリ。」
とか言われていたので、4話の「俺は銀を、あの女を殺す。」発言はそのままの意味でした。
ではアンバーの時の様に、黒<ヘイ>が裏切られたと思うような出来事があったのかな…

力を失った為に気が付かない黒<ヘイ>の腕に纏わり付く銀<イン>の観測霊が切なかったです。

観測霊が現れた電柱を蹴る蘇芳が可愛い…これは嫉妬なのかな?
黒<ヘイ>の事気になってきているみたいだし。
「あいつ僕の名前呼んだ」とか、「お酒飲まないで」と言った後にでかける黒<ヘイ>が野菜買いに行くと判った時に一瞬見せる顔とか…もう初々しすぎるよ蘇芳ちゃん!happy02
でも黒<ヘイ>がやさぐれて年齢以上にオッサンに見えるので、アル中親父を止める娘みたいに見えちゃいました。sweat01

Mao

オッサンといえば、今週のマオはなんだかやたらとダンディーでしたが、
テレビ見ながらボリボリ掻いてるのはダンディー通り越してオッサンでしかない…マオ…
いや、見かけモモンガでも中の人は…しょうがないかcoldsweats01

Heiyin21c

そして黒の契約者外伝の予告CM…
なに~この恋愛ドラマみたいなの!
これホントにダーカーなの?という感じの映像みせられてビックリです。
「あれはその内私たちの手に負える代物ではなくなる、彼にもね。」
迫り来る覚醒の時ってなに、何で銀<イン>人型の観測霊になっちゃってるの~
あ~気になる~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DARKER THAN BLACK -流星の双子-第5話「硝煙は流れ、命は流れ…」の感想

マダム・オレイユによってあの装置が対契約者兵器だったと明かされてました。
サターンリングの縮小版?
反ゲート粒子を契約者自体に撃ち込んで対消滅させるとか?
あの装置が作動したとき、掛かったのはBK201だけだったと沢崎が語っていましたが、第3機関にとって紫苑も排除の対象だったのでしょうか?
蘇芳もその枠内にいたように見えたんですが…あとマジシャンもいたよね…なんで黒<ヘイ>だけ?
ますます蘇芳=契約者に疑問が…

天文台でマダム・オレイユが美咲に接近してきました。
今度はミタカ文章…三鷹?
未咲の見たイザナミはどんなものだったのでしょうか…
三号機間は紫苑の事をイザナギと呼んでいたようなので、人…しかも女性である可能性も有りかな…
イザナギ、イザナミといえば日本神話に出てくる、日本の島々を形作って神々を生み出した神様ですよね…なに、何をやろうとしているの?
ただ、イザナギは手に入れられなかったら排除していいという事は替えが効く存在なんでしょうか。
そして黒<ヘイ>が雇われている機関はイザナミを排除したい?
とりあえず、マダム・オレイユの思惑通り事が進んでいる模様…。
イザナミ破壊の為にトラックに乗り込んだ黒<ヘイ>を閉じ込めてトラックは走っていきました…これは三号機間の罠だったんでしょうか?

Heisjp

黒<ヘイ>!その公衆電話は目立ち過ぎでは?
その後も、お金が貼り付けてあるのを「無用心すぎるな。」って…
いや、もうその公衆電話自体が無用心だって!coldsweats01

「僕はあなたが嫌いだ。」と言われたのを思い出す黒<ヘイ>
「俺はゴキブリと一緒か…」って…え黒<ヘイ>君そう言われてショックだった?
案外傷ついてた?
蘇芳が仕事を請ける事を決めたとき、「最低の夜だな」と言ったり、
いっぱい雑草汁食べたし、今回の黒<ヘイ>は酒びたりから元の黒<ヘイ>に戻ってきているようでした。happy01
ところでマオはこんな塩分のありそうな物を食べていいの?
あと、魔女っ子やヒーロー物の様な毎回同じ変身シーンみたいな蘇芳のライフル出現シーン…要らないと思うのは私だけでしょうか?

レバノーン!なんで女装してる時の方がヒゲが濃いいんだ!
ファッションか?そのヒゲも女装のアクセントなのかー!
ノリオ~トイレの花嗅いでグットスメルって…(笑)wobbly
お母さんの対価はオーブンでお菓子を焼く事?
そしてこの親子がやたらにノアの箱舟を強調するのは何故?

感想というより、疑問を垂れ流してるだけという気もしてきました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DARKER THAN BLACK -流星の双子-第4話「方舟は湖水に揺蕩う…」の感想

もうしばらくしたら、第5話が始まっちゃいますが(汗)第4話「方舟は湖水に揺蕩う…」の感想です。

未咲さんへの説明だと、三号機関は黒が紫苑を連れていると思っているようですね。
鎮目がやんちゃっぷりにときめいちゃうとか、かわい子ちゃんとか、萌えポイント高いとか言っていたので、女の子だと認識しているのだと思ってました。

ロシアから船で北海道に着いた黒一行様。
北海道は天国戦争の被害が大きかったのでしょうか、札幌の町が水に浸かっています。
あっ、テレビ塔が倒れてる…テレビ父さんが!あ、反応するのそこじゃないですよね…

今度はイ・ヒョンシクさんと名乗ってますね…韓国人?
イは李なのかな…
レバノンに話しかけられて、豹変する黒を胡散臭そうに眺める蘇芳とジュライ可愛すぎ。
その後の「お前ら笑え」の二人も可愛いし、いいコンビになってますよね。
まさかあの銀の口角上げをジュライ君でみれるとは!…でもこちらはちょっと失敗?

クライアントの意向で訓練をする事になったやさぐれ黒。
蘇芳に対して乱暴すぎるんですけど!
厳しいのは蘇芳の為にだと思うのですが…
鶴が撃てなかったり、ターニャを撃とうとした時に涙を流したり、契約者になってるにしては感情が不安定な感じなのが気になります。

Hei391
黒も同じ事させられてたら可愛いのに…(笑)

警察から気をそらす為とはいえ、ちょっと黒!マオを投げる時乱暴すぎではないかい?
猫にも追いかけられるし、立て続けに災難続きでカワイソウ…因果?
でもゴロゴロゴロゴロが可愛すぎです。

恋するノリオ君
「オヤジ~飯~。」
って、親父?!
それにしてもレバノン…
久良沢 凱がキコ風カツラを被っている様にしか見えないのは私だけですか?

もう天文台は使われてないのでしょうか、なんか寂れて見えます。
そしてマダム・オレイユが登場。
未咲に接触する目的は?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

DARKER THAN BLACK -流星の双子-第3話「氷原に消える…」の感想

DTB第3話「氷原に消える…」の感想です。

まず、「おぉぉぉ~オーガスト7ンンンン~!!」と声を出してしまいました。
助かった?もしかしてこれから大活躍してくれるんじゃないかと期待を持たせておいてバッサリ…
ひでぇ…ちょっと笑っちゃうくらいあっけない可哀想な最後でございました…。
マジシャンだし、星が流れた様な表現も無かったし…死んだと見せかけて、ウェイみたいにまた現れても良いんだよ(笑)

Hei_yin_p
そして更にやさぐれる黒であった…

三号機関の装置はシュレーダー博士が関わっていたようで…
あのおじいちゃんろくな物作んないな…

三号機関の装置の影響で動けなくなった黒<ヘイ>を連れて逃げた時、「逃げるなら今だ」とマオに言われてからの動きが、蘇芳じゃなくて別の人のようでした。
一瞬紫苑が乗り移ったのかと思ってしまいました。
時々ドールみたいに目に生気が無くなるし…実はドールだったりして。

鎮目の鬼畜っぷりが凄いですね~いや、嫌いじゃないけと…
対価はが灸な所がなんとも…
たくさんお灸を据えられるといいよ、ホントに………と思う反面…
「いや、不幸な身の上っていうのも、かえって萌えポイント高いか…」
うん、うん、そうだね、わかる、わかる…って同意してどうする!
このオッサンの萌えポイントにいちいち同意してしまうオッサンなワタシがいます…coldsweats01

今週オーガスト7よりももっと気の毒な人がいらっしゃいました…(泣)
もちろんニカの事です。
あれはゴキと思っていいのかな…うわ~いやだ~一匹見てもいやなのに、こんな死に方絶対にしたくね~crying
でも、リオックとかだったらもっと嫌かも…
第一話の初々しい告白シーンやオープニングが切な過ぎるよ!
とにかくこんなもの実際に見たらかなりのトラウマになりそうです。

蘇芳は本当に契約者になってしまったのでしょうか…
契約者を憎む契約者なんて所はまさに一期の黒<ヘイ>なんですけど。
契約者として蘇芳が出した銃は、ニカの部屋でみた銃が具象化されたのかな。
ジュライはなぜ蘇芳の銃のナビゲータのような事をしていたのだろう?

今後の気になるところは…
マダム・オレイユの動向ですね。
マオの言ったあの女って、マダム?
黒<ヘイ>達は彼女に雇われているのでしょうか?
双子の言う「目覚めたよ、始まるね、終わりが、始まるね」とは?
一期で星見様の言っていた「終わりの始まり」の時は契約者対人間(正確にはイブニングプリムローズ対パンドラですか)の構図が出来上がっていたけれど、今度のは?
黒<ヘイ>の能力はハヴォックの様にゲートに近づけば戻るかなーそれともこのまま?
そして黒<ヘイ>の「俺は銀を…あの女を殺す」発言の真意は?
あの女が誰を指しているのか、黒<ヘイ>を雇っている”あの女”なのか、はたまた銀<イン>本人の事なのか…

…書いててあまりに疑問だらけなので笑ってしまいました。

来週は黒<ヘイ>達はサンシャイン60を目指すのでしょうか?
あ、そういえば来週、そこの前の店で銀魂DVD受け取りに行ってこなくちゃ!(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (3)

DARKER THAN BLACK -流星の双子-第2話「堕ちた流星・・・」の感想

あれ?、先週冗談で描いてたつもりだったのに、本当に釣りしてたんだ…マジでやさぐれてたんだ…(汗)

今週のビックリは…
先週からなんだかやたらに黒猫がでてくるなーとおもったら、この声猫<マオ>たん!!!
なに、なに、人格生きてたの?

何に憑依してるんだろう…ま、まさかペーチャ!?
ペーチャといえば、お風呂まで一緒という程仲良し…だったはず!オッサン!(笑)

Heip

パヴリチェンコ博士は黒が殺したんじゃないんですね…
「俺が着いた時には博士はもう死んでいた」
じゃあ、あの黒みたいな声の主は誰?
目的があるのか、目的が無くなっちゃったからなのか判らないのですが、現在黒がCIAに雇われているのが意外でした。
思ってた以上のやさぐれ加減な黒<ヘイ>…アル中一歩手前な感じですな。

あ、黒<ヘイ>君…女の子を襲ってます。coldsweats01

あのネックレスは流星核じゃないの?
流星核はもっと別のもの?黒は形を知らないだけ?
流星の欠片だってあんな形だったのだから疑ってもよさそうなのに…
それとも、も、もしや…胸を触りたかっただけか?

真っ黒オヤジったら…
H、バカ、チカン、変態(笑)smile

「俺は契約者だ」自分に言い聞かせるような黒に
「契約者ってなんだよ!なんであんた達みたいなのがいるんだよ!」
黒の頭をよぎる銀が気になります。

黒の死神と恐れられた黒君がアルコールのせいなのか、マジシャンに電撃を使っただけで息も絶え絶え…
三号機間が使ったあの装置はなんなのでしょう…
それにあの装置いろんな所に埋めたんでしょうか?マジシャンもグルで追い込んだんじゃなければ、ピンポイントで黒があの場所に来る確立は凄い低いような気が…
そして苦しむ黒君、あまりにやさぐれた雰囲気のためにただのおっさんにしか見えない…
…先週も思ったけど、痩せた?

26話の鋼レンといい、最近木内さんのこんな声を立て続けに聞くとは…

黒の力はペンダントの中に吸い込まれたのでしょうか?
それでBK201の星の光が消えたんですよね。

「黒<へい>…」
「やめろ、銀<イン>」
「さよなら、黒<ヘイ>」
その瞬間周防が見た映像は何~銀はどうなってしまったんでしょうか?
この2年で何があったの?

オーガスト7は死んでないだろうし、葉月さんめっちゃ強そうだし、マダムもジョン・スミスも不気味な存在だし…
それより黒<ヘイ>君どうなっちゃうの?

うーんまたまた長い一週間が始まりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)